一般社団法人 金沢フットボールクラブ

お問い合わせ / お申込み

横浜F・マリノス追浜プライマリー選抜チームとの練習試合について

2018.01.14

1月9日(火)17時30分から19時まで、マリノス追浜グランドにて、小学生フットボールアカデミー生が練習試合を行いました。ゲームは8人制15分×5セットで行いました。フォーメーションは1-2-3-2、前5人が連動してボールを奪いに行くそんな意図でフォーメーションは決めました。1ゲーム目は開始早々に失点してしまいましたが、その後は何とかしのいでいましたが、ボールを奪ってもキープ出来ず、ポゼションが出来ませんでした。効果的な攻撃に繋げることが出来ませんでした。前に運ぶことが出来ずCBに落としても作り直すことが出来ず、またゴールキックからのキックの精度も低く思うような展開を作ることが出来ませんでした。

1ゲーム2ゲームは終始中盤を支配され続けましたが、ああいう状況になった時は、FWの一人が中盤に落ちて数的不利な状況を同数にして、打開するべきですが、即席チーム、初ゲームでは無理でした。3ゲーム目からは2バックで戦い続けるには難しいと思い1-3-3-1に変更して挑みました。3ゲーム4ゲームもバランスを考えメンバー編成をしたため苦しい状況が続きました。あのマリノスのチームを相手に3年生がプレーするには無理があると思いましたが、良い経験になると思いプレーしてもらいました。

5ゲーム目はあの日のベストメンバーで勝ちに行く!!ということで送り出しました。左サイドを終始支配出来ました。ポゼションの練習が活きたと思います。スコアは0-0でしたがこのメンバーでチームを作り練習が出来たなら勝てるかもしれないと思わせてくれました。観ていて楽しいゲームでした。最後の攻撃は完全に崩し右サイドからのクロスを ふうが がきちんと当てられていたらゴールを奪うことが出来たと思います。勝てました。

このゲームを通して感じたことですが、前の選手のポジションチェンジが、今後小学生年代でも行われていくこということです。ポジションを頻繁に変え相手DFの判断する時間を奪いミスを誘う。マリノスの子供達は良い距離感を保ちやっていました。精度の高い崩しをしていました。この経験を糧にして、練習のメニューを再構築したいと思います。

須藤裕一

IMG_9392
IMG_9401
IMG_9409
IMG_9412
image5
IMG_9399
IMG_9418
IMG_9634